日光市中心市街地集客拠点施設の愛称決定広報(新聞掲載)市長挨拶

2015年01月22日

日光市長日頃から多くの皆様に日光市へお越しいただいておりますことに厚く御礼申しあげます。
日光市では、内閣総理大臣認定を受けた日光市中心市街地活性化基本計画に基づき、市街地中心部に集客のための新たな拠点施設を整備しています。
この施設は、収容人数380名の多目的ホールや江戸末期から引き継がれてきた彫刻屋台等の展示コーナー、屋外イベントのための多目的広場、日光の地場産品や地場農産物等をPR・販売するための商業施設、日光の観光情報発信のための観光情報館など多くの施設を備えています。
特に、今回の施設は「音楽をテーマとしたまちづくり」のシンボルとして、「日本のこころのうたミュージアム」の整備を進めており、あわせて日光市と深い関わりのある作曲家の船村徹氏の功績や名曲の数々をご紹介する「船村徹記念館」を整えました。完成後は、この施設をフルに活用しながら幅広いジャンルの音楽や各種文化の情報発信拠点として発展させてまいりたいと考えています。
今春4月のグランドオープンを目指し、現在、整備工事や開業準備を進めておりますが、この度、市内外の日光ファンの皆様に愛称募集を行い、施設全体の愛称を「日光街道ニコニコ本陣」と決定しました。
日光にお越しの際には、この「日光街道ニコニコ本陣」にお立ち寄りくださいますようご案内申しあげます。