【平成29年11月4日(土)5日(日)】そば喰い稲荷 新そばまつり

2016年10月21日

image

image

そば喰い稲荷 新そばまつりの初日は今市手打ちそばの会の会員が、通称「そば喰い稲荷」と呼ばれる浄泉寺に蕎麦を奉納して商売繁盛を祈願する神事からスタートします。その後、新そばまつりでは日光市の新しいブランド蕎麦『日光あおい蕎麦』を販売します。
さらにそばを食べていただいた方先着100名に、今年も地元で採れた大根をプレゼント!
ぜひお越しください

会場

日光街道ニコニコ本陣 多目的広場

日時

2017年11月4日(土)~5日(日) 10:00~15:00
※天候等により変更になる場合がございます。

主催

日光手打ちそばの会

お問合せ

0288-21-5170  (日光手打ちそばの会事務局[日光市観光部観光振興課内])

そば喰い稲荷とは?

ニコニコ本陣北の如来寺内浄泉寺には沢蔵司稲荷という名の稲荷社があります。
この社に祀られているお稲荷様は子どもの夜泣きを収める事に敬虔あらたかであり、
また昔々人間に化けて寺で修行をしていた際、寺の目の前の蕎麦屋を大変気に入り毎日通っていたとの言い伝えがあります。
この事より子どもの夜泣きがひどい時に沢蔵司稲荷へ蕎麦を収めて祈祷をすると夜泣きが収まると言われており、そば喰い稲荷と呼ばれるようになりました。

今市手打ちそばの会では毎年新そばの時期にそば喰い稲荷へ新そばを奉納し商売繁盛を祈願する神事を行い、新そばまつりにて秋の新そばを皆様に楽しんでいただいております。