【スタッフブログ】vol.26「道の駅日光の駐車場ライブカメラのお話」(堀田くん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.26

今回は道の駅日光の駐車場ライブカメラのお話、

こんにちはニコニコホールの堀田です。実は駐車場ライブカメラは開業当初からやりたかった事のうちの一つでした。
でも営業中にカメラ置きっぱなしにするわけにもいかず、外付けカメラを付けるのは機材や工事で金額的にはきつく中々機会が有りませんでした。

そんな中チャンスが訪れます、2020年4月~6月コロナ禍第1波により船村徹記念館に臨時休館が出され、さらに都合の良い事に直前の定期点検で記念館2階の歌の万華鏡のPC入れ替えを行っておりグラボ(しかもQuadro!)を積んだPCが2台余りました。

これはもうやるしかないと思いとりあえず休館中だけの予定でPanasonicのハンディカムをAmazonで買ったキャプチャデバイス経由でPCに繋ぎ24h生配信を始めてみました。
このハンディカムにはワイプ撮り機能がついており、通常の画角では入りきらないところを良い感じにフォローしてくれてフルHDできれいに駐車場の様子を映してくれました。

駐車場配信の効果は絶大で配信1週間後には日テレのeveryから駐車場カメラを見て来場者の状況を取材したいと連絡が入るほどでした。
この取材も内部で一悶着ありましたがそれはまた別の話。

そんなこんなで6月を迎え臨時休館も終了となり通常営業に戻りました。
さすがに営業中のトイレの目の前にカメラとパソコンを置いておくのはまずいので一度撤収、でも生配信効果は他のみんなにも認められて今度は24h配信しつつなるべく目立たないようにという事で新しく機材を購入することに。

とりあえず壊れるまで使うという事で、
ノートパソコン 29,900円
30mUSBケーブル(リピーター付))6,230円
120度広角Webカメラ 3,699円
カメラ天吊りスタンド630円
をアマゾンで購入、

ちなみに社内ルールで3万円を超えると備品扱いだったので2万9900円は消耗品、壊れたらすぐに買い換えられます。天井裏のUSBケーブル敷設のみ近所の電気工事店の方へ依頼をし常設へと至りました。

配信方法は初代のときからOBS経由でテロップやロゴを入れて流しています。
最初はウィンドウキャプチャ+透過で現在時刻を入れたり情報スクロールで入れてみましたが今のノートPCでは固まってしまいました。

ちなみにWebカメラの調節をするときはTeamviewerを使いノートPCの画面をスマホに映しながらやりました。今ならZoomなどを使用して調整するかもしれません。

初代のころより画素数は落ち、フレームレートも下げ、ビットレートは雀の涙ですが何とか消耗品パソコンで今日も配信継続中!

もしよかった覗いてみてください、たまにパソコンが落ちて配信停まってるのはご愛敬。

◎ニコニコ本陣YouTubeチャンネル
https://www.youtube.com/@nikonikohonjin