【10/14(月)】日光ソーシャル映画祭 Vol.4 「1日1ドルで生活」(国際ガールズ・デー全国上映キャンペーン)

2019年10月04日

“ 映画 ” を通じて人とつながる。

 
日光で開催するドキュメンタリー映画の上映会と交流会です。

栃木県日光市にある“道の駅日光”の「光と風のギャラリーシネマ」で上映会を毎月開催しています。

ドキュメンタリー映画を通して、世の中のことを「知る」「考える」機会を作り、

そして、上映会を通して様々な人が「あつまる」「つながる」「うまれる」空間となることを目指しています。

 
ドキュメンタリー映画を、日光で一緒に楽しみませんか。
 
 

イベント概要

「国際ガールズ・デー」(10月11日)は、「性別」と「年齢」という二重の差別を受ける途上国の女の子たちの特有な問題に焦点をあて、その解決に向けて世界各国が取り組むよう、プラン・インターナショナルの呼びかけで制定された国連デーです。
弱い立場にある子どもたち、とりわけ女の子と女性たちは、支援から取り残され社会の底辺に置かれています。もし、男の子や男性と等しく教育を受け、社会に参加し、発言し、リーダーとなれたら、地域の貧困や抱える問題の解決を進める大きな力となります。
日光ソーシャル映画祭では、国際ガールズ・デー全国キャンペーンを応援するため、キャンペーン価格(チケット代金500円)での上映会を開催いたします。

開催日時 令和元年10月14日(月) 18時30分~20時30分
会  場

道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣 
日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館3階「光と風のギャラリー」

料  金 500円(全国上映キャンペーン) ※当日会場にてお支払いください。
問  合  せ

道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣
代表℡ 0288-25-7771 (9:00~17:00 火曜日を除く)
日光ソーシャル映画祭 事務局 E-mail:nsff@columbia.co.jp

 

チケットお申込み

●窓口申込
道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣 管理事務所
0288-25-7771(代表)
*参加者のお名前をお伝えください。

●web申込
Peatix からもお申込みいただけます。
https://nsff004.peatix.com/
*webからの申込の期限は前日10月13日(日)24:00となります。

 

日光ソーシャル映画祭Vol.4 上映作品  

『1日1ドルで生活』 ドキュメンタリー 上映時間:56分

若者4人の友達がグアテマラの田舎へ約2ヶ月間の旅に出る。1日に使えるお金はたった1ドル。
ビデオカメラを手にして、空腹、寄生虫、生活難による極度のストレスに耐えながら、なんとか生き残ろうとする。通常のアメリカの若者にとって、この直面する現実は想像を絶することだが、世界中に貧困で苦悩する人々が存在するのだ。仲間たちは、そう簡単に解決策が見つかるわけがないと理解するが、寛容で忍耐強い20歳の女性ローサと12歳の少年チコが、くじけない希望を与える…
少しでも世界を変えていく効果的な方法があるんだと。

【解説・ストーリー】
もしあなたが極度の貧困地域に生まれ育ったとしたら、あなたはどのように闘うだろうか?
映画『1日1ドルで生活』は、この問いへの答えを探すべく、アメリカから4人の若者たちが中米グアテマラの田舎の貧困地域に赴き、実際に1日1ドルで生活し、貧困から抜け出す方法を探る実践ドキュメンタリーだ。グアテマラの田舎に到着した4人は、56日間を所持金56ドルでどう生き抜き、貧困状態から抜け出だせるのか、その方法を探っていく。


予測不能な世界に生きていることを想定し、毎日均等に1ドルが使えるのではなく、くじ引きでその日使える金額が決まる仕掛けを作り、実践の日々が始まっていく。
彼らは、節約の他、現金を生み出すためのビジネスアイデアも実践する。しかし現実は厳しく、空腹や腹痛に苦しみながら、厳しい現実に直面することになる。それでも、20歳の女性ローサや12歳の男の子チノの優しさと強さに触れ、効果的な方法を粘り強く探していく。ザックやクリス達は、果たして「世界は変えられる」と思わせるような結果を出せるのだろうか。

監督:クリス・テンプル、ザック・イングラシー、シーン・レオナルド
2013年/アメリカ

【スケジュール】
18:00 受付・開場
18:30 上映開始
19:45 上映終了
(休憩5分)
19:50 感想共有など(交流会)
20:30 終了予定

※当上映会は映画を通して社会的課題を知るきっかけづくりと地域の交流を目的としており、特定の宗教・派閥・国家・主義への賛意や批判を意図したものではありません。
※映画専用のプロジェクター・スクリーン、会場ではありませんので、一部見にくい部分もありますが、ご了承ください。
※車椅子での来場を希望される方は事前にご相談ください。