【12/16(水)】日光ソーシャル映画祭 vol.19「ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~」

2020年12月03日

船村徹記念館では、新型コロナウイルス感染症対策を行いお客様をお迎えしております。
新型コロナウイルス感染症予防の取り組みについて(9月23日更新)

★15人限定開催

“ 映画 ” を通じて人とつながる。
日光で開催するドキュメンタリー映画の上映会と交流会です。
栃木県日光市にある“道の駅日光”の「光と風のギャラリーシネマ」で上映会を開催しています。
ドキュメンタリー映画を通して、世の中のことを「知る」「考える」機会を作り、
そして、上映会を通して様々な人が「あつまる」「つながる」「うまれる」空間となることを目指しています。
ドキュメンタリー映画を、日光で一緒に楽しみませんか。

イベント概要

開催日時

令和2年12月16 日(水) 
18時00分~20時40分(上映時間 18時30分~20時15分)

会  場

道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣 
日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館3階「光と風のギャラリー」
アクセス

料  金

・1,200円(大人)
・1,000円(学生)
・1,000円(船村徹記念館記念館 年間パスポート割)
事前にお申し込みの上、当日会場にてお支払いください。
※先着15名までご参加いただけます。
※学生、高校生以下のお客様、記念館年間パスポートをお持ちのお客様は、会場にて証明書をお見せください。上記金額にてご入場できます。
★オンライン上映会 1,000円

申込方法

●web申込
以下のURLより申し込みフォームを開き、必要事項をご記入の上、お申し込みください。https://forms.gle/17wbmXXuyAnvQ3gs7
●窓口申込
道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣 管理事務所
電話:0288-25-7771(代表)
*参加者のお名前をご連絡ください。

問 合 せ

道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣
代表℡0288-25-7771 (9:00~17:00 火曜日を除く)
日光ソーシャル映画祭 事務局(※道の駅日光 代表)

日光ソーシャル映画祭Vol.19 上映作品

『ザ・トゥルー・コスト ~ファストファッション 真の代償~』  上映時間:93分

予告編
https://player.vimeo.com/video/402800962
ファッション業界でも大量生産・大量消費が問題化
誰かの犠牲の上に成り立つファッションに変化が起き始めた!
トレンドはエシカル&フェアトレード・ファッション
ファッション産業の今と、向かうべき未来を描き出すドキュメンタリー。

★ストーリー
これは衣服に関する物語で、私たちが着る服や衣服をつくる人々、そしてアパレル産業が世界に与える影響の物語だ。これは貪欲さと恐怖、そして権力と貧困の物語でもある。全世界へと広がっている複雑な問題だが、私たちが普段身に着けている服についてのシンプルな物語でもある。

この数十年、服の価格が低下する一方で、人や環境が支払う代償は劇的に上昇してきた。本作は、服を巡る知られざるストーリーに光を当て、「服に対して本当のコストを支払っているのは誰か?」という問題を提起する、ファッション業界の闇に焦点を当てたこれまでになかったドキュメンタリー映画だ。
この映画は、きらびやかなランウェイから鬱々としたスラムまで、世界中で撮影されたもので、ステラ・マッカートニー、リヴィア・ファースなどファッション界でもっとも影響のある人々や、環境活動家として世界的に著名なヴァンダナ・シヴァへのインタビューが含まれている。またフェアトレードブランド「ピープル・ツリー」代表サフィア・ミニーの活動にも光を当てている。私たちは行き過ぎた物質主義の引き起こした問題に対して、まず身近な衣服から変革を起こせるのかもしれない。

アメリカ / 2015年 / 93分

監督:アンドリュー・モーガン
プロデューサー:マイケル・ロス

【スケジュール】
18:00 受付・開場
18:30 上映開始
20:15 上映終了
(休憩)
20:15 感想共有など(交流会)
20:40 終了予定

 

※当上映会は映画を通して社会的課題を知るきっかけづくりと地域の交流を目的としており、特定の宗教・派閥・国家・主義への賛意や批判を意図したものではありません。
※映画専用のプロジェクター・スクリーン、会場ではありませんので、一部見にくい部分もありますが、ご了承ください。
※車椅子での来場を希望される方は事前にご相談ください。