【12/18(水)】日光ソーシャル映画祭 Vol.9 「できる - セ・ポシブル」

2019年11月18日

“ 映画 ” を通じて人とつながる。

 
日光で開催するドキュメンタリー映画の上映会と交流会です。

栃木県日光市にある“道の駅日光”の「光と風のギャラリーシネマ」で上映会を毎月開催しています。

ドキュメンタリー映画を通して、世の中のことを「知る」「考える」機会を作り、

そして、上映会を通して様々な人が「あつまる」「つながる」「うまれる」空間となることを目指しています。

 
ドキュメンタリー映画を、日光で一緒に楽しみませんか。
 
 

イベント概要

 

開催日時 令和元年12 月18 日(水) 18時00分~20時45分(上映時間 18時30分~20時20分)
会  場

道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣 
日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館3階「光と風のギャラリー」

料  金

・1,500円(大人)
・1,000円(学生)
・500円(高校生以下)
・1,000円(船村徹記念館記念館 年間パスポート割)
※当日会場にてお支払いください。
※高校生以下とパスポート割のお客様は、大人料金でお申込みいただき、会場にて証明書をご提示ください。
上記料金でご入場いただけます。

問 合 せ

道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣
代表℡ 0288-25-7771 (9:00~17:00 火曜日を除く)
日光ソーシャル映画祭 事務局 E-mail:nsff@columbia.co.jp

 

チケットお申込み

●窓口申込
道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣 管理事務所
0288-25-7771(代表)
*参加者のお名前をお伝えください。

●web申込
Peatix からもお申込みいただけます。
https://009nsff.peatix.com/
*webからの申込の期限は前日12月17日(火)23:00となります。
*期限後は、直接、会場にお越しください。

 

日光ソーシャル映画祭Vol.8 上映作品  

『できる - セ・ポシブル』 ドキュメンタリー 上映時間:99分

フランス人カップルが日本で見つけた持続可能な社会像とは?
甚大な被害をもたらした2011年3月11日の東日本大震災。これまでのライフスタイルを見直し、よりエコロジカルで持続可能な暮らし方に移行した日本人は少なくない。これらの変化に熱視線を注ぎ、日本中を旅した30代の若いフランス人カップルがいる。日本とエコロジーが大好きなマチルダとジョナサンだ。将来、持続可能な生活をすることを心に決めている彼らは、エコロジカルな暮らしの実践者たちに会うため、8ヶ月もの間、ボランティアしながら日本を縦断することを決意する。


https://youtu.be/gFEcz1kdixA


映画『できる - セ・ポシブル』
●未来の世代のために私たちが進むべき道とは?

3500kmのヒッチハイクを含む5000kmで訪れた場所の数は15ヶ所。訪問先は、屋久島で自然と調和したライフスタイルを実践しているエコビレッジ・アペルイ、神奈川で地域通貨や自然エネルギーに取り組むトランジション藤野、東京のど真ん中でパーマカルチャーに挑戦している東京アーバンパーマカルチャー、徳島県上勝町でごみのない社会への転換に取り組むゼロ・ウェイストアカデミーなど。2人は、各地を巡り、持続可能な未来のためのヒントを発見していく。合言葉は「できる」。フランス語だと「セ・ポシブル」。さあ、マチルダとジョナサンと旅に出よう。

監督:マチルダ・ジュリアン&ジョナサン・カレン
配給:ユナイテッドピープル
2019年 / フランス / 99分

【スケジュール】
18:00 受付・開場
18:30 上映開始
20:20 上映終了
(休憩)
20:20 感想共有など(交流会)
20:45 終了予定

※当上映会は映画を通して社会的課題を知るきっかけづくりと地域の交流を目的としており、特定の宗教・派閥・国家・主義への賛意や批判を意図したものではありません。
※映画専用のプロジェクター・スクリーン、会場ではありませんので、一部見にくい部分もありますが、ご了承ください。
※上映開始後の入場は、座席を制限させていただく場合があります。
※車椅子での来場を希望される方は事前にご相談ください。