【2/13(水)〜5/27(月)】「素顔の船村徹 回顧展」 〜共に歩んだ半世紀〜

2019年02月13日

まもなく船村徹先生の3周忌

船村徹記念館では、平成29年10月から約1年にわたり下野新聞に掲載された24回分の『素顔の船村徹共に歩んだ半世紀』紙面を一堂に紹介する展示企画を開催します。

同時に、未公開の船村徹直筆の譜面や、作曲の際に愛用していたペンや葉巻などの実物も展示します。

文は、船村氏とおよそ54年にわたり親交があった、音楽プロデューサー小西良太郎氏

どれも代表的な曲とそのエピソードを密着取材して書いたもの。
「音楽評論家」とも呼ばれる小西氏独特の表現です。

日光連山を望める船村徹記念館3階「光と風のギャラリー」で、ゆっくり読んでほしい企画展。
開催期間中は同会場内に、船村徹氏へのメッセージを受け付けるノートを配置します。

イベント概要

日時 2019年2月13日(水)〜5月27日(月)
9:00〜17:00(最終入館16:30)毎週火休
場所 日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館 3階 光と風のギャラリー(詳しくはこちら
道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣 内(毎週火曜日休館)
入館料 一般 540円 小・中・高校生 320円 ※入館料のみでご鑑賞いただけます
団体料金あり(15名以上)
後援・原稿提供 下野新聞社
協力 船村徹音楽事務所、喜怒哀楽社、東武鉄道株式会社
 問合せ 道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣、日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館
9:00~17:00  ☎ 0288-25-7771
(毎週火曜休館)

アクセス

詳細はアクセスページでご確認ください。