【6/12〜12/27】愛弟子『北島三郎』展 〜船村徹と歌い手たちが刻んだ“歌魂の軌跡”〜

2019年06月01日

「北島よ、我々が命をかけて紡いだ歌を枯らすな・・・」 この言葉を託し船村が天国へ旅立ったのは、わずか四ヶ月後だった。

2019年6月12日(水)から、日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館 3Fにて「愛弟子『北島三郎』展」を開催します。

イベント概要

日時 2019年6月12日(水)~12月27日(金)
会場 日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館3F 光と風のギャラリー (日光市今市719番地1 道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣内)日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館 営業時間・アクセス
料金 入館料のみでご覧いただけます
内容 【展示内容】

  • 北島三郎 年譜
  • 北島三郎 デビューまでの苦労のエピソード、写真パネル多数
  • デビュー曲~船村作品のジャケット紹介
  • ゴールデンサブちゃん展示 ほか
問合せ 道の駅日光日光街道ニコニコ本陣 0288-25-7771 (9:00~17:00 火曜日を除く)

見どころ

6月12日は日光市ゆかりの作曲家 故 船村徹先生の誕生日です。 多目的ホールでは内弟子五人の会の皆さんが一昨年より毎年「演歌巡礼」コンサートを行っており今年も開催します。

北島三郎さんは、船村徹の愛弟子として門下生になりました。

北島三郎さんプロフィール

NHK紅白歌合戦では歴史的な出場回数を誇り“演歌界の大御所”と言われるほどご活躍になりました。 船村先生とはデビュー当初の苦労や、その後のヒット曲にまつわる様々なエピソードがあります。  

今回のパネル展では、船村先生とのエピソードパネル紹介に加え、「ゴールデンサブちゃん」を同時に展示

さらに今後は、紅白歌合戦で着用された衣裳や船村先生が北島三郎さんを紹介した、寄稿の実物も数回に分けて紹介します。

8月2週目からは、毎週土日祝日の先着50名に、ゴールデンサブちゃんとの写真を撮影してプレゼントをする企画も予定。

特別展示 ゴールデンサブちゃんとの記念写真プレゼントも

昨年に引き続き8月3日(土)の17:00~20:30に『日光夏の花火』開催に合わせて記念館3Fを無料開放します。