【9月17日(土)】日光ソーシャル映画祭 #36『もったいないキッチン』(上映会)

日光ソーシャル映画祭 #36
『もったいないキッチン』

必要、不要、無駄なモノをまざまざと知らしめられたコロナ禍。
来たるアフターコロナの新世界。
我々の新たなフードライフラインの基準は
この”もったいない精神”である事を願っています。
これ以上地球を怒らせない様に。
― 斎藤工 (俳優・映画監督、本作アンバサダー、ナレーション、吹き替え担当)

★事前予約をお願いします。

『日光ソーシャル映画祭』は、道の駅日光で毎月開催する「ドキュメンタリー映画」の上映会です。世界で実際に起こっている社会課題を上映会を通して知り、少しでも社会の課題について考える機会を作りたいと考えています。そして、自分たちの地域の課題についても考えてみる、そんな機会をみなさんと一緒に共有できることを願って開催しています。
土曜日の夜、道の駅日光でドキュメンタリー映画をご一緒しましょう。

イベント概要

開催日時 令和4年9月17日(土)
19時00分~21時00分(上映時間 19時30分~20時40分)
会  場 道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣
日本のこころのうたミュージアム・船村徹記念館3階「光と風のギャラリー」
アクセス
料  金 1,000円(おとな)
無料(高校生以下)
※事前にお申し込みの上、当日会場にてお支払いください。
※学生のお客様は、会場にて証明書をお見せください。
申込方法 ●web申込
以下のURLより申し込みフォームを開き、必要事項をご記入の上、お申し込みください。
https://nsff036.peatix.com/view
※webでのお申し込みをお願いしています。
webでのお申込が難しい方は、お電話にてお申し込みください。
・道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣 管理事務所
・電話:0288-25-7771(代表)
*参加者のお名前をお伝えください。
問 合 せ 道の駅日光 日光街道ニコニコ本陣
代表℡0288-25-7771 (9:00~17:00 火曜日を除く)
日光ソーシャル映画祭 事務局(※道の駅日光 代表)

日光ソーシャル映画祭 Vol.36『もったいないキッチン』

『もったいないキッチン』予告編
https://youtu.be/gFpGMd4b10I

【スケジュール】
18:30 受付・開場
19:00 上映開始
20:40 上映終了
(休憩)
20:40 感想共有など(交流会)
21:00 終了予定

【内容】
“もったいない”。
元々は仏教思想に由来する言葉で、無駄をなくすということだけではなく、命あるものに対する畏敬の念が込められた日本独自の美しい言葉だ。そんな“もったいない”精神に魅せられ日本にやってきたのは、食材救出人で映画監督のダーヴィド・グロス。ところがもったいない精神を大切にして来た日本の食品ロスは、実は世界トップクラス。その量毎年643万トンで、国民一人あたり毎日おにぎり1個分。一家庭当たり年間6万円のまだ食べられる食べ物が捨てられている。ダーヴィドはコンビニや一般家庭に突撃し、捨てられてしまう食材を次々救出!キッチンカーで美味しい料理に変身させる“もったいないキッチン”を日本各地でオープンする。
*
福島から鹿児島まで4週間1600kmの旅。ダーヴィドと旅のパートナーニキを助けてくれるのは、もったいないアイデアを持つ日本のシェフや生産者たち。フレンチシェフがネギ坊主まで丸ごと使うもったいない料理、野山が“食材庫”という82歳で医者いらずのおばあちゃんが作る野草の天ぷら、0円エネルギー、自然の蒸気を使った蒸し料理など、もったいない精神に満ちたアイデアに出逢う。次第にダーヴィドは“もったいない”の先に、食品ロス解決のヒントだけではない、たくさんの幸せを見つけていく。さあ、2人と“もったいないキッチン”の旅に出かけよう!


当上映会は映画を通して社会的課題を知るきっかけづくりと地域の交流を目的としており、特定の宗教・派閥・国家・主義への賛意や批判を意図したものではありません。
※映画専用のプロジェクター・スクリーン、会場ではありませんので、一部見にくい部分もありますが、ご了承ください。
※車椅子での来場を希望される方は事前にご相談ください。

#もったいないキッチン
#上映会
#日光ソーシャル映画祭