Tag Archives: グルメ

【スタッフブログ】vol.60「ようこそミュージアムショップツアーへ!」(赤羽ちゃん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.60

ようこそミュージアムショップツアーへ!

こんにちは、道の駅日光ニコニコ本陣の赤羽です。
今回は「ミュージアムショップツアー」と題しまして、
船村徹記念館のミュージアムショップの店内にみなさまをご案内いたします。
おすすめ商品もご紹介させていただきますのでお買物気分で気楽にお楽しみください。

さて、ミュージアムショップですが、船村徹記念館の入口を入ると左手にございます。
どなたでも無料でご覧いただけます。

受付カウンターでは記念館オリジナルのスタンプがみなさまをお出迎え。
旅の記念に、普段持ち歩いているノート等にスタンプを押して帰られるお客様が沢山いらっしゃいます。
子どもたちにも大人気です!

左手に進むと、まず並んでいるのはCDたち。
演歌のみならず懐かしの昭和歌謡やご当地ラジオ体操など個性的な商品も多く、
CDだけを目当てに定期的に足を運んでくださるお客様も少なくありません。

さらに奥へ進むと、あたたかな木目が特徴的な手作り雑貨がずらーり。
「日光杉」を使用したぐい呑みや菜箸・置時計など、普段使いにぴったりな素敵な商品ばかりですよ。
すべて木目が異なる1点ものなのでお気に入りの1つを是非見つけてくださいね。

さらに壁沿いを進んでいきます。
、、、おっと!
レコード型のコースターやピザカッターが見えてきました。
来店された9割のお客様が思わず「かわいい♥」と声を漏らす人気商品です。

ショップの中央には、こちらも人気商品の「国道ステッカー」が並んでいます。
国道ステッカーは全国様々な店舗で販売していますが、「国道119号」と「国道121号」のステッカーはここでしか買えません!
全国の国道ステッカーを求め、観光がてら各地を回っている方が驚くほど沢山いらっしゃいます。
2023年、みなさまも新たに始めてみてはいかがでしょうか?

同じく中央の棚では、”船村徹記念館”と ”黒須製餡所” がコラボした和菓子「Nikko Yo-kan(羊羹)」を販売しております。
Nikko Yo-kan の和柄のパッケージは日光連山のシルエットをデザイン。
ご縁を結ぶ「水引」は一つ一つ心を込めて手作りし、丁寧にお包みしております。
甘さ控えめで美味しいですよ!
(※現在は、小倉・塩の2種類のみ販売しております。)

レジの隣には、日光土産の定番「きぬの清流」。
ニコニコマルシェでの販売は無く、道の駅日光の中では船村徹記念館のミュージアムショップでしか購入できない人気のお土産です!
小豆味のほかに、栗味・とちおとめ味・ブルーベリー味などもございます。

そのほか音楽にまつわる音符のグッズやキーホルダー、巾着袋など、ちょっとしたギフトにぴったりな商品も多数取り揃えております♪
日頃お世話になっている方への贈り物にいかがでしょうか?

それでは、以上でミュージアムショップツアーを終わりにしたいと思います。
最後までお付き合いいただきありがとうございました!
気になるな~、行ってみたいな~、と少しでも思ってくださった方はぜひお気軽にお立ち寄りください。
スタッフ一同心よりお待ちしております。
ありがとうございました。

【スタッフブログ】vol.57「(閑話休題)近所でお昼ごはん その一」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.57

(閑話休題)近所でお昼ごはん その一

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
道の駅のある今市のまちなかには、古くからある食堂が今も健在です。
お昼は、施設で販売するお弁当かコンビニで済ませてしまうこともあるのですが、歩いて行けるまちなかの食堂はいつも魅力的です。

例えば、とんかつ屋さん。
施設から歩いて行ける範囲でもとんかつの専門店は4軒、専門店ではないけれど、とんかつを出している食堂も合わせると選択肢は結構増えます。
そして、とんかつは定期的に食べたくなる僕の好物なのです。

とんかつ屋さんで注文するメニューは、ロースかつ定食ほぼ一択です。
でも、ときどき浮気してカツカレーも頼んだりします。これはこれで旨いんですよね。

えっと、話をロースかつ定食に戻します。
それぞれ専門店により特徴がありますが、その中でも定期的に通うお店のとんかつがひときわ個性的なのでご紹介したいと思います。と言っても、とんかつそのものではなく、とんかつにかけるオリジナルソースが個性的な味わいでおいしいのです。

先ず、この店のオリジナルソースは洋食屋さんでよく見るソースポットに入って出てきます。ソースはいわゆるとんかつソースではなく、玉ねぎをしっかり煮詰め野菜をベースにしたさらっとしたピリ辛系のソースです。このソースが生パン粉でカラっと揚げたとんかつによく合い、つい定期的にリピートしてしまうのです。

職場の近くについリピートしたくなるとんかつ屋さんがあるって幸せだなぁと、お店に歩いて向かう時、いつも感じるのでした。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
とんかつ、美味しゅうございました。

【スタッフブログ】vol.48「下今市駅の駅弁 その三」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.48

東武日光線「下今市駅」の駅弁その三、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
これまで2回に渡りご紹介してきた下今市駅の駅弁シリーズも今回で最終回です。

これまでにご紹介したのは、日光名物を使った「ゆばちらし寿司弁当」、絶妙なバランスの「日光鶏めし弁当」。どちらも本当においしい駅弁でした。
そして今回、満を持してご紹介するのは「栃木牛めし弁当」です。

先ずは、写真をご覧ください、
もう、参った!
と、思わず言いたくなるビジュアルです。

日光高原牛のお肉と味のしみ込んだ玉ねぎが、つゆだく気味でごはんにしっかりと重ねられています。はい、正しい牛めしですね。さらに食欲をそそるカラフルな彩りとして、ししとう、人参、パプリカ、かまぼこ、たけのこが副えられ、味も牛めしの程よい甘辛さに合っています。

そして、お弁当の中央、ひときわ目を引くとろとろのたまごは、温泉たまごです。
お弁当の中に入っていて、食べる直前に温泉たまごを割ってお弁当の中央に、「エイ!」と乗せる時、ふっと幸せを感じるのは決して僕だけではないと思います。

自分好みに、牛めしに程よく温泉たまごを混ぜ合わせひと口食べる、
あ~、駅弁を食べるのって幸せだなぁと思わずにはいられません。
付け合わせのきゅうりのたまり漬けが、この駅弁の完成度をさらに高めてくれます。

最後の最後まで下今市駅の駅弁、侮れませんね。
ご紹介した駅弁は、いずれも僕が大好きな駅弁です、東武日光線下今市駅にお立ち寄りの際は、ぜひ駅弁もお楽しみください。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
さて、みなさんはどの駅弁をお食べになりますか?

【スタッフブログ】vol.41「下今市駅の駅弁 その二」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.41

東武日光線「下今市駅」の駅弁その二、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
前回、下今市駅の駅弁その一では、「ゆばちらし寿司」弁当をご紹介しました。
さすがご当地名物を使った駅弁ということもあってインパクトのある駅弁でした。

では、そういったインパクト系だけが駅弁かと言えば、そんなことはない訳ですね。
一見して派手さはないものの、ジワジワくる、そんな駅弁ってありますよね。

そう、今回ご紹介する「日光鶏めし」弁当です。
うす味の茶飯の上にたっぷりと鶏そぼろと錦糸玉子が乗せられ、鶏肉はじっくり煮込み日光の実山椒で香味焼きにしています。全体的な印象としては優しい味わいのお弁当です。紅生姜と栗がいろどりでアクセントとなって駅弁の印象をくっきりとさせてくれています。付け合わせの煮物ときゅうりの漬物、干瓢が味のアクセントとなって、最後まで飽きることなく食べられます。

ん~、なんか書いていると完ぺきな駅弁じゃないか。
そこに、ビール!
あ、やっぱり完ぺきでした。

下今市駅の駅弁、侮れませんね。
そして実はまだ、ご紹介したい下今市駅の駅弁があるんです。
その話はまた次の機会に、

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
やっぱり駅弁っておいしいですね。

 

 

 

【スタッフブログ】vol.37「ゆばむすび」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.37

ゆばむすび、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
昨日はゆばを使った駅弁の話をしましたが、日光名物のゆばを使ったおにぎりがあるのです。
ご存じでしたか?

製造しているのは、日光市花石町にある補陀落本舗さん、
補陀落(ふだらく)と読みます。

この補陀落、日光の地名の由来にもなったと言われています。

1200年前、勝道上人が二荒山(男体山)に登頂して日光を開山しました。
二荒山(男体山)は、もともと補陀落山(ふだらくさん)とも呼ばれていたようです。(補陀落とは、観音菩薩が降臨する零場)

補陀落(ふだらく) → ふたあら(二荒) → 二荒山(ふたらさん)
そして、この「二荒」を音読みして「ニコウ」 → 「日光(にっこう)」となったと言われています。

前置きが長くなりましたが、要は由緒ある名前なのです。
そんな補陀落本舗さんで作る「ゆばむすび」は、直営店の他では、道の駅日光ニコニコマルシェで買うことができます。

ふっくらと炊き上げた味付けのおこわに、これまた味付けされた半生のゆばでそっと包んだおむすび、もうはっきり言おう、おいしいのです。そして、つけ合わせの醤油のたまり漬けをパリポリ。はい、リピート決定です。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
やさしいゆばむすびは、どこまでもやさしかった。

 

 

 

 

【スタッフブログ】vol.36「下今市駅の駅弁 その一」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.36

東武日光線「下今市駅」の駅弁その一、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
ニコニコ本陣は、電車の駅からも歩いて来られるほどの「まちなか道の駅」です。つまり電車を利用して来て下さるお客さんも結構いらっしゃいます。

実は、僕も電車を使って移動することが多いのですが、電車での移動の楽しみと言えば、やはり「駅弁」ですね。そして、下今市駅の駅弁、かなり美味しいのです。
ご当地弁当と言えば、その土地の名物を使った駅弁がやはり一番人気です。日光名物と言えば「ゆば」です。京都では「湯葉」と書きますが、日光では「湯波」と書きます。

日光と京都の「ゆば」の大きな違いは、京都の湯葉は膜を一枚で引き上げますが、日光では二つ折りにして引上げます。引き上げたときの形が波のような形になることから「湯波」と名付けられたそうです。

で、その「湯波」を使った、「ゆばちらし寿司」弁当が、はっきり言って美味しいのです。
寿司めしに湯波とえび、たまご焼きに、しいたけ、人参、絹さやと彩りキレイな盛り付けが食欲をそそります。そっと銀杏と酢の物も副えられていて、駅弁としての完成度の高さにうなります。

まさに、「ゆばちらし寿司」弁当を食べずに、結構と言うなかれですね。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
あとはビールを飲めばコンプリートです。

 

 

【スタッフブログ】vol.27「(閑話休題)寒くなると」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.27

(閑話休題)寒くなると、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
ご存じの通り日光は寒い、道の駅のある今市は奥日光ほどではないけど普通に超寒い。
5年前、日光に着任した時、油断して都内で過ごすような格好で夜中に歩いていたら、あまりの寒さに気が遠くなるほどだった。(笑)

さすがに今ではしっかりと防寒対策をして過ごしているけれど、それでも寒いものは寒く、
そんな時、やはり体の中から暖めるのが一番だ。
まぁ、夜だったら、「熱燗一本つけてください」が最高なんだけど、ここでの話は昼間の話。

体が暖まる食事と言えば、香辛料が効いたメニューが定番だ。
カレーや韓国料理なんかはやっぱり暖ったまる。

ここでの僕のチョイスはほぼ一択、
今市には美味しいカレーライスやカレーそばも食べられる店もあるけれど、近所の食堂で食べる「スーラ―メン」だ。

スーラーメンとは、中華スープにお酢とこしょう、そしてラー油を加えた味付けで、少しとろみをつけた卵とじラーメンなのだけれど、とにかくお酢とこしょうにラー油の辛さが絶妙なのだ。もう食べた瞬間から体が暖まる。

みんなそれぞれ寒いときに食べるお決まりメニューがあるのだと思う、
そんなお決まりメニューを、仕事場からすぐのところで食べられる幸せ。
ただそれだけでのことで、その町が好きになる。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
今日も美味しゅうございました。

 

【スタッフブログ】vol.13「(閑話休題)日光でのお昼ごはん」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.13

(閑話休題)日光でのお昼ごはん

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
日光市今市にある道の駅日光に勤めるようになって、密かな楽しみだったのは地元の同僚と一緒に行くお昼ごはんだった。それまでずっと都内で食べていたお昼とはやはり少し違っていた。

先ず、施設の近隣にはチェーン店がなく、食べに行くお店はいわゆる町の食堂だった。ラーメン屋さん、そば屋さん、中華屋さんといった定食屋さんだ。地元の同僚オススメのメニューに、時々、「ん…?」というメニューがあったりした。

そのひとつが、
「ラーメンつけめんセット」だった。

「ラーメン」と「つけめん」、つまり麺と麺のセット。
一緒に行った同僚に聞くと、今市ではこれが普通なのそうだ。
そう聞けば、やはり頼んでみたくなる。

最初に、中華そばが運ばれてきた、味はさっぱり系の醤油味。続いてつけめんが運ばれてきた、氷水に冷やされた麺に、スープは冷やし中華風の酸味系。食べ始めてみると温かいラーメンと冷たいつけめん、やさしい醤油味と酸味のある中華味を交互に食べる味わいに、あっという間に夢中になった。

どうやら、このようなメニューを提供しているのは、日光市でも今市だけで、それも3店舗ほどが昔からメニューとして出しているようだった。
その地域でしか食べられない郷土料理を食べるのも楽しいけれど、いわゆるソウルフードとして地元の人から愛されるメニューを食べるのも、観光ではなく町の生活を感じることができる美味しい時間なのです。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
地元の食堂はたのしくておいしい。

 

【スタッフブログ】vol.5「日光で過ごすこと」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.5

日光で過ごすこと

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
2018年4月から、栃木県日光市の道の駅で仕事をすることになり、生活の拠点を日光市の今市に移し、日々の仕事が始まった。

慣れない場所で慣れいない仕事、そして、生活する町のことが全く分からない。
最初に困ったのが、些細なことだけど、お昼ごはんだった。
土地勘もなく、どこにどんなお店があるのかもわからない。

そんな時に頼りになるのはやっぱり地元の同僚、地元民がおススメするお昼ごはんはどれもおいしかった。驚いたのは昔ながらのお店が多いこと、地元民が愛するソウルフード、個性豊かで気さくな店主たちだった。

おそば屋さん、中華そば屋さん、洋食屋さん、とんかつ屋さん、定食屋さんなどの食堂が、町には今もしっかり残っていて、それぞれに特徴のあるメニューがあった。町の人たちが、自分たちの町の食堂を愛していて、それぞれに好きな推しメニュ―があった。

日光市今市は「食堂文化」が、今も残る町、
町なかを歩くと昔ながらの食堂があり、おいしいご飯が食べられる。
僕はすっかり夢中になって、いろいろな食堂に通った。慣れない場所に通える場所ができた。いつかしか顔馴染みになって、ささやかな居場所ができた。

「食堂文化」は、町につながりを作る。特によその土地からくる僕のような人にとって、食事の場所が大切なんだと思った。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
僕の推しメニューは、えびチャーハンです。