Tag Archives: ランニング

【スタッフブログ】vol.63「走ることについて語るとき」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.63

走ることについて語るとき、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
日光での勤務に就くことになって得をしたなぁと思うことのひとつに、趣味のランニングがあります。僕は決して早いランナーではなく、ゆっくりと長く走ることが割と好きなんですが、みなさんは、長く走ると聞いただけで何が楽しいの、辛くないのと聞きたくなると思います。はっきりと言いましょう。やはり長い距離を走るのは辛いです。では、楽しいかと言われれば、答えは…ですね。

よく走ってるときに何を考えているのかと聞かれることがあります。僕は、走るときに音楽やラジオなどは聞かず、ただ走っています。じゃあ、何を考えているのかと言うと、よもやまなことを考えたり、何にも考えていなかったりしています。

ここで僕にとって大切なことは、「何も考えていない時間」です。
これって凄くないですか。

僕はたまに瞑想もしたりしますが、ほとんど雑多なことが次から次に浮かび、瞑想で無になるなんてとても無理だなと思います。一方、ランニングでゆっくり走っていると、ときどきと言うかところどころ記憶がなくなっている時間帯があります。つまり何も考えていない時間を過ごしているのです。

でも、体は走るという行為を続けています。実はこの状態が、僕にとっては良い感じなんです。
何も考えていない状態で、体だけは動かしている。あ、なんの話か分からないですよね。大丈夫です。

で、話を戻します。日光に来て走るようになって、いつも日光連山を眺めて走ることが日常になりました。走っているとき視覚からの情報は常に入ってきます。日光連山を眺めると、その雄大さに今でも感動します。いつしか目に映る日光連山が、体に溶け込んでいくような気持ちなったりします。あ、ますます分からなくなりしたよね。大丈夫です。

でも、この感覚がわりかし楽しいのです。あ、やっぱり分からないですよね。大丈夫です。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
日光連山を眺めながら走る日光は楽しい。

【スタッフブログ】vol.3「日光を走る」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.3

日光を走る、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
5年前、日光で仕事をすることになって、一番の変化は職場まで歩いて行けるようになったことだった。これはかなり画期的な変化だった。これまでの通勤時間が生活の中でどれほどの時間を占めていたのかを、仕事場まで徒歩通勤をするようになって実感できた。

そうなると、朝の時間に余裕を持てるようになった。
で、どうしたかというと、趣味のランニングにその時間を割けるようになったのだ。嬉しいことに日光を走るということは、毎回、大自然を眺めながら走ることができるという最高のご褒美つきのランニングとなった。

日光でのランニングのホームコースは、道の駅からも程近い丸山公園。丸山公園までは大谷川に沿って雄大な日光連山に向かって走る。朝日の登る時間帯によって変わる山肌の色、季節の変化によって楽しめる鳥の鳴き声、すべてが素晴らしかった。

この素晴らしい環境で走ることができるようになったことは、コロナ禍で大会が減り、また、祝日の大会にエントリーすることが減ったことを十分に補ってくれた。
そして、地元の埼玉にもどれば、そこには日光とはまた違う魅力のあるホームコースがあった。このようにして勤務先と地元で楽しく走る環境を持てることは本当に幸せなことだと思う。

そして、今日も季節の変化を楽しみながら日光のホームコースをゆっくりと走る。
さすがに最近の朝は寒くなってきたかな。でもそれも楽しめるようにもうちょっと頑張らないと怠けちゃいそうになる。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
僕は走るときにはイヤホンで耳をふさがず、自然の音をそのまま楽しむようにしています。