Tag Archives: 公共施設

【スタッフブログ】vol.58「公共施設の魅力って」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.58

公共施設の魅力って、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
道の駅日光の公共施設部門の運営管理を行って間もなく5年が経とうとしています。
ご存じの通り、道の駅日光はニコニコマルシェ(商業施設)とニコニコホール、そして船村徹記念館からなる複合施設です。

ところで僕たちが運営管理する「公共施設」って、そもそも何なのかを検索してみました。

普通地方公共団体は、住民の福祉を増進する目的をもってその利用に供するための施設(こ
れを公の施設という。)を設けるものとする。(地方自治法第244条第1項)
そして、その要件として以下のような事項が挙げられます。
・ 住民の福祉を増進する目的を持ってその利用に供されていること
・ 普通地方公共団体が設置する施設であること
・ 施設の設置及び管理に関し、条例で定めること

ん?「住民の福祉?」
で、今度は「福祉」を調べてみました。

【福祉】しあわせ。幸福。特に、(公的扶助による)生活の安定や充足。また、人々の幸福で安定した生活を公的に達成しようとすること。

なるほど、住民の幸福を増進する目的で、市民にサービスを提供する。
という理解でしょうか。

公共施設と聞くと、どうしてもその建物そのものをイメージしがちです。いわゆる「箱もの」です。当たり前ですが、箱が住民の幸福を増進するサービスを提供するわけではありません。では、誰がそのサービスを提供するかと言えば、その施設を運営管理する団体、つまり、僕たちのような指定管理者が行っています。となるとサービスの内容は運営する団体、人によってその質も変わってきます。もちろん、条例で定められる貸出業務や管理業務は運営者によって変わることはありませんが、そこに付帯するサービスというものは、やはり違いができてきます。

ハードとしての箱ものの質は、出来上がってしまった後は変えようがありませんが、ソフトとしてのサービスは関わる人によって変化します。つまり、公共施設の魅力を考える時、このソフトの部分を抜きに考えることはできないと思います。それは、これまで5年間、公共施設という「箱もの」の運営をやってきた実感です。そして、町の公共施設の魅力を育てていくのは、決して指定管理者だけでできるものではなく、市民、行政と一緒になって育てていくものなんだと思っています。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
ここでの指定管理は今年3月までです。最後まで応援をお願いします。

【スタッフブログ】vol.50「あの頃の思い出」(堀田くん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.50

こんにちは、道の駅日光、ホール担当の堀田です。

今回は開館時の思い出話と建設当時の写真です。

現在、道の駅日光の公共施設スタッフでオープン当時から残っているメンバーは自分を含めて4名
自分が来たのは開業3カ月前の2015年1月27日(28日だったかも)、小倉町周辺整備施設新築工事(現在の道の駅日光とその周辺工事)の所管の日光市まちづくり推進課の事務所が当時のショッピングプラザ日光3階にありそこにセレスポ(最初の指定管理者)指定管理推進室の一員として机を預かりました。

開業前は毎日忙しく殆ど記憶に残っていませんが、自分が来た当時はまだ窓はついておらずドアの代わりに窓から出入りしていたと思います。

工事中の様子

怒られたら消します

ホール
搬入口
ロビー楽屋
ミュージアムショップ
記念館あれこれ
ホールの見えないところ
おまけ