Tag Archives: 小針侑起

【スタッフブログ】vol.56「小針侑起のにっぽん昭和歌謡史」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.56

小針侑起のにっぽん昭和歌謡史、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
道の駅日光の公式YouTubeチャンネルでは、オリジナル番組をいくつか作りお届けしていますが、その中でも船村徹記念館を併設する当施設らしい番組と言えば、「小針侑起のにっぽん昭和歌謡史」です。

大正昭和文化の研究家、小針侑起さんと道の駅日光公共施設プラニング・プロデューサー坂元勇仁さんが知られざる大正昭和のマニアック歌謡史トークを毎月お届けしています。
これまでに26回の配信で86曲の歌をご紹介しました。
歌謡曲が好きな僕でも、さすがに知らない歌がいっぱいです。

さらに驚きなのは、小針侑起さん、
なんと、1987年生まれの36歳、敬愛する美空ひばりさん歌を初めて聴いたのは「川の流れのように」で、まだ3歳だったそうです。小針さんは、「浅草オペラ」の研究家でもあり、大正、昭和の歌謡史に精通し、独自の取材で当時の歌手の生き様を生き生きと語ります。

「小針侑起のにっぽん昭和歌謡史」では、指定管理者が日本コロムビアである利点を生かし、コロムビア音源を最大限活用して番組でお届けしています。かなり貴重な音源も含まれています。ぜひ、お楽しみいただければと思います。

今回ご紹介する回は、『美空ひばりを語る』
番組では、小針さんの溢れるひばり愛とその時代の歌謡史をたっぷりと語り尽くしてくれます。お届けする楽曲は、「ロカビリー芸者」「御存じ弁天小僧」「思い出の鞄」の3曲。
オリジナル音源でお楽しみください。

日本人にとっての美空ひばりとは、
「戦後の日本に現れた天使、そして日本が豊かになって天に戻られた…」(小針侑起)

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
美空ひばりさんの数々の名曲をこれからもぜひお聴きください。

小針侑起 著書
遊廓・花柳界・ダンスホール・カフェーの近代史』 ()
浅草芸能とゲイの近代史』(河出書房新社)
大正昭和美人図鑑』 (河出書房新社)
戦争と芸能 そのとき、どんなことが起きていたのか?』(扶桑社)
あゝ浅草オペラ: 写真でたどる魅惑の「インチキ」歌劇 』(えにし書房)