Tag Archives: 日光名物

【スタッフブログ】vol.37「ゆばむすび」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.37

ゆばむすび、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
昨日はゆばを使った駅弁の話をしましたが、日光名物のゆばを使ったおにぎりがあるのです。
ご存じでしたか?

製造しているのは、日光市花石町にある補陀落本舗さん、
補陀落(ふだらく)と読みます。

この補陀落、日光の地名の由来にもなったと言われています。

1200年前、勝道上人が二荒山(男体山)に登頂して日光を開山しました。
二荒山(男体山)は、もともと補陀落山(ふだらくさん)とも呼ばれていたようです。(補陀落とは、観音菩薩が降臨する零場)

補陀落(ふだらく) → ふたあら(二荒) → 二荒山(ふたらさん)
そして、この「二荒」を音読みして「ニコウ」 → 「日光(にっこう)」となったと言われています。

前置きが長くなりましたが、要は由緒ある名前なのです。
そんな補陀落本舗さんで作る「ゆばむすび」は、直営店の他では、道の駅日光ニコニコマルシェで買うことができます。

ふっくらと炊き上げた味付けのおこわに、これまた味付けされた半生のゆばでそっと包んだおむすび、もうはっきり言おう、おいしいのです。そして、つけ合わせの醤油のたまり漬けをパリポリ。はい、リピート決定です。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
やさしいゆばむすびは、どこまでもやさしかった。

 

 

 

 

【スタッフブログ】vol.36「下今市駅の駅弁 その一」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.36

東武日光線「下今市駅」の駅弁その一、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
ニコニコ本陣は、電車の駅からも歩いて来られるほどの「まちなか道の駅」です。つまり電車を利用して来て下さるお客さんも結構いらっしゃいます。

実は、僕も電車を使って移動することが多いのですが、電車での移動の楽しみと言えば、やはり「駅弁」ですね。そして、下今市駅の駅弁、かなり美味しいのです。
ご当地弁当と言えば、その土地の名物を使った駅弁がやはり一番人気です。日光名物と言えば「ゆば」です。京都では「湯葉」と書きますが、日光では「湯波」と書きます。

日光と京都の「ゆば」の大きな違いは、京都の湯葉は膜を一枚で引き上げますが、日光では二つ折りにして引上げます。引き上げたときの形が波のような形になることから「湯波」と名付けられたそうです。

で、その「湯波」を使った、「ゆばちらし寿司」弁当が、はっきり言って美味しいのです。
寿司めしに湯波とえび、たまご焼きに、しいたけ、人参、絹さやと彩りキレイな盛り付けが食欲をそそります。そっと銀杏と酢の物も副えられていて、駅弁としての完成度の高さにうなります。

まさに、「ゆばちらし寿司」弁当を食べずに、結構と言うなかれですね。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
あとはビールを飲めばコンプリートです。