Tag Archives: 日本コロムビア

【スタッフブログ】vol.58「公共施設の魅力って」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.58

公共施設の魅力って、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
道の駅日光の公共施設部門の運営管理を行って間もなく5年が経とうとしています。
ご存じの通り、道の駅日光はニコニコマルシェ(商業施設)とニコニコホール、そして船村徹記念館からなる複合施設です。

ところで僕たちが運営管理する「公共施設」って、そもそも何なのかを検索してみました。

普通地方公共団体は、住民の福祉を増進する目的をもってその利用に供するための施設(こ
れを公の施設という。)を設けるものとする。(地方自治法第244条第1項)
そして、その要件として以下のような事項が挙げられます。
・ 住民の福祉を増進する目的を持ってその利用に供されていること
・ 普通地方公共団体が設置する施設であること
・ 施設の設置及び管理に関し、条例で定めること

ん?「住民の福祉?」
で、今度は「福祉」を調べてみました。

【福祉】しあわせ。幸福。特に、(公的扶助による)生活の安定や充足。また、人々の幸福で安定した生活を公的に達成しようとすること。

なるほど、住民の幸福を増進する目的で、市民にサービスを提供する。
という理解でしょうか。

公共施設と聞くと、どうしてもその建物そのものをイメージしがちです。いわゆる「箱もの」です。当たり前ですが、箱が住民の幸福を増進するサービスを提供するわけではありません。では、誰がそのサービスを提供するかと言えば、その施設を運営管理する団体、つまり、僕たちのような指定管理者が行っています。となるとサービスの内容は運営する団体、人によってその質も変わってきます。もちろん、条例で定められる貸出業務や管理業務は運営者によって変わることはありませんが、そこに付帯するサービスというものは、やはり違いができてきます。

ハードとしての箱ものの質は、出来上がってしまった後は変えようがありませんが、ソフトとしてのサービスは関わる人によって変化します。つまり、公共施設の魅力を考える時、このソフトの部分を抜きに考えることはできないと思います。それは、これまで5年間、公共施設という「箱もの」の運営をやってきた実感です。そして、町の公共施設の魅力を育てていくのは、決して指定管理者だけでできるものではなく、市民、行政と一緒になって育てていくものなんだと思っています。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
ここでの指定管理は今年3月までです。最後まで応援をお願いします。

【スタッフブログ】vol.56「小針侑起のにっぽん昭和歌謡史」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.56

小針侑起のにっぽん昭和歌謡史、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
道の駅日光の公式YouTubeチャンネルでは、オリジナル番組をいくつか作りお届けしていますが、その中でも船村徹記念館を併設する当施設らしい番組と言えば、「小針侑起のにっぽん昭和歌謡史」です。

大正昭和文化の研究家、小針侑起さんと道の駅日光公共施設プラニング・プロデューサー坂元勇仁さんが知られざる大正昭和のマニアック歌謡史トークを毎月お届けしています。
これまでに26回の配信で86曲の歌をご紹介しました。
歌謡曲が好きな僕でも、さすがに知らない歌がいっぱいです。

さらに驚きなのは、小針侑起さん、
なんと、1987年生まれの36歳、敬愛する美空ひばりさん歌を初めて聴いたのは「川の流れのように」で、まだ3歳だったそうです。小針さんは、「浅草オペラ」の研究家でもあり、大正、昭和の歌謡史に精通し、独自の取材で当時の歌手の生き様を生き生きと語ります。

「小針侑起のにっぽん昭和歌謡史」では、指定管理者が日本コロムビアである利点を生かし、コロムビア音源を最大限活用して番組でお届けしています。かなり貴重な音源も含まれています。ぜひ、お楽しみいただければと思います。

今回ご紹介する回は、『美空ひばりを語る』
番組では、小針さんの溢れるひばり愛とその時代の歌謡史をたっぷりと語り尽くしてくれます。お届けする楽曲は、「ロカビリー芸者」「御存じ弁天小僧」「思い出の鞄」の3曲。
オリジナル音源でお楽しみください。

日本人にとっての美空ひばりとは、
「戦後の日本に現れた天使、そして日本が豊かになって天に戻られた…」(小針侑起)

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
美空ひばりさんの数々の名曲をこれからもぜひお聴きください。

小針侑起 著書
遊廓・花柳界・ダンスホール・カフェーの近代史』 ()
浅草芸能とゲイの近代史』(河出書房新社)
大正昭和美人図鑑』 (河出書房新社)
戦争と芸能 そのとき、どんなことが起きていたのか?』(扶桑社)
あゝ浅草オペラ: 写真でたどる魅惑の「インチキ」歌劇 』(えにし書房)

【スタッフブログ】vol.32「2023年元旦、今年もよろしくお願いします」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.32

2023年元旦、今年もよろしくお願いします。

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
昨年はニコニコ本陣をご愛顧いただきありがとうございました。
2023年、今年もどうぞよろしくお願いいたします。

新年を迎え、今年度も残すところ3か月となりました。
この機会にホールや広場での主催事業についてちょっと2022年度振り返ってみようと思います。

4月、「開業7周年記念祭」を開催しました。ニコニコホールや広場で、コンサート、ミニライブ、  道の駅ピアノコンサートをGW期間中開催しました。
6月、「演歌巡礼」(主催:船村徹内弟子五人の会、運営:道の駅日光)が開催されました。
8月、11日「被爆ピアノコンサート2022・夏」、14日「ミント・フレイバーズ スペシャルコンサート in 日光」を開催。
9月、「日光市から、戦争と核兵器のない平和な世界を考える」(主催:日光市、企画・運営:道の駅日光)を開催。
11月、「開業7周年秋の感謝祭」を開催しました。広場でミニ日光そばまつりやミニライブを開催しました。
12月、「浪曲でつづるあなたの町の物語」<日光公演>を開催ました。

がんばってますね!(笑)
この他にもたくさんの利用者によるイベントもあり、コロナの影響がありましたが、本当に多くのお客さんにお越しいただきました。ありがとうございます。

さて、1月ですが、こちらもビッグな企画展が14日から船村徹記念館で開催されます。
1/14~2/6 船村徹記念館3階
「美空ひばりと島倉千代子」 企画展 〜作曲家船村徹と昭和の歌姫〜

2月、3月もまだまだイベントを準備しています。今年もどうぞニコニコホール、船村徹記念館をよろしくお願いいたします。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
3が日はニコニコマルシェにお買い物お食事に来てくださいね!

【2023年 1/14〜2/6】「美空ひばりと島倉千代子」 企画展 〜作曲家船村徹と昭和の歌姫〜