Tag Archives: 船村徹

【スタッフブログ】vol.55「カラオケDVD製作の想い出」(記念館スタッフ)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.55

カラオケDVD製作の想い出  ~3分間の想い出~

こんにちは、道の駅日光、船村徹記念館スタッフの古カブライダーです。
カラオケDVD製作で想い出に残るお客様のお話をします。

私が一番最初にカラオケDVDをお作りしたお客様は、日ごろお母様の介護をされており、お母様がデイサービスに行っている間、自分のゆっくりできる時間に気分転換で...、とおっしゃり記念館にいらっしゃいました。カラオケでは「みだれ髪」を歌われて作品をお作りになりました。作ったDVDをご覧になり、「楽しかったー!本当に疲れが吹っ飛んだわぁ~!」と大変喜んでいただけました。このような時間の過ごし方と作品を作って楽しんでいただけるお客様もいらっしゃるのだと思いました。

また別のお客様の話ですが、ご夫婦とお嬢様の3人でお越しになり、遠くに住むおばあちゃんに親子の元気な姿を見せたいと、それぞれに凝った衣装を着て、お持ちになった傘を開くと手作りの花が咲き、魚の網焼き器と雪かきスコップを三味線代わりにして、楽しい作品をお作りになりました。歌は「風雪ながれ旅」でした。

最後は、お母様とお嬢様で一緒にいらっしゃったお客様の話です。
お嬢様がお母様と一緒に、「東京だョおっ母さん」を歌われました。歌を聴いて私は思わず泣いてしまいました。収録後に私は、「ごめんなさい、お疲れ様でした」と謝りました。お客様は、「いいんですよ」と言ってくださいました。
私は、歌を聴きながら、亡くなった母と最後に手をつないだのは、いつだっただろうと思い出していました。

カラオケDVDを作る、ほんの数分間の中に、それぞれの人生の想い出とドラマがあるのだなと思いました。

【スタッフブログ】vol.22「カラオケDVD製作について」(堀田くん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.22

こんにちは道の駅日光のホール担当堀田です

今回は船村徹記念館の3階、歌道場1で提供する、オリジナルバンド演奏を背景にステージで歌うあなたの姿をDVDに収録できる「カラオケDVD製作」について書いてみようと思います。

カラオケDVD製作のざっくりとした説明としては、船村徹作曲の有名な曲20曲を仲間たちバンドの生演奏の映像に合わせて歌っていただき歌っている映像と生バンドの映像をその場で合成し、DVDをお作りいただけるというサービスです。

歌える曲20曲についてはこちらを見ていただいてここでは省略します。
ちなみにこの記事を書いている時点でのこれまでのベスト5は
1位 兄弟船
2位 みだれ髪
3位 女の港
4位 風雪ながれ旅
5位 別れの一本杉
となっております、基本的には自分と同じ性別の歌手の歌を歌われていますが「女の港」は男女ともに人気です。

演奏の仲間たちバンドは皆さんベテランのプロミュージシャンで演歌巡礼や船村徹を歌う会の生演奏コンサートでも演奏に来て頂いています。
撮影場所は目黒区のパーシモンホールの小ホール、全部の曲を生演奏で撮っており更にキー調整用にも録っているのでプロの皆さんでもかなり大変だったようです、ちなみにパーシモンホールのある柿の木坂と柿の木坂の家の柿の木坂は別の柿の木坂らしいです。

グリーンバックを使用しての合成のため緑色の服・表面が反射する服(ベロア地やラメ加工)・銀や白っぽい服は背景が抜けちゃいます。また外光の具合によって合成具合が変わってしまうこともあります。

この背景合成システム、現在は日中のDVD製作のみでしか使えませんが、完成当時は夕方17時以降の貸スペースで日光各地の自然を背景にカラオケを歌えるシステムとしても使用可能でした。ただ、操作が分かり難いのと需要が無いので封印されてしまいました。まだプログラムや専用背景動画は残っているので夜間の需要があれば封印解除させられます。

DVD製作のシステムについてはまた長くなってしまうので別の機会に。

 

【スタッフブログ】vol.8「はじめましてアカバです!」(赤羽ちゃん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.8

こんにちは、道の駅日光ニコニコ本陣の赤羽です。
実はアカバネと書いて「アカバ」と読みます、この辺りでは珍しい苗字かもしれません。

「ニコニコ本陣スタッフ通信」が始まり少しずつ回を重ねていますが、皆様お楽しみいただけておりますでしょうか?
スタッフが交代で投稿していきますのでぜひ今後もお楽しみにお待ちください。

さて、道の駅日光で働き始め、もうすぐ一年が経とうとしています。
邦ロックばかり聴いている私は演歌など聴いたことも無く、興味も無く、その世界については無知でした。
「あれ?むかーし車の中でばあちゃんがカセットテープで聴いてたっけ。」くらいです。
お恥ずかしながら知っている曲も2.3曲しかありませんでした。

船村徹記念館で働く中で、お客様から「この曲も船村先生が作曲したの?」とか「船村先生って〇〇なの?」などと質問をされるたびに初めは戸惑い、周りのスタッフに頼ってしまう日々が続きましたが、今ではお客様と演歌の話題で一緒に盛り上がれるほどになりました。

演歌好きのお客様とお話をすると学ばせていただく事が多くあり、毎日の新しい発見がとても新鮮で楽しいです。ここに勤めなければ一生味わうことが出来なかった喜びだなぁと思います。

船村徹記念館にお越しいただく事でこれからも多くの方々に日本の演歌に触れていただき、あの頃を思い返して涙したり、「へぇ~こんなに偉大な方なんだ!」と知っていただけるよう努めてまいりたいと思います。

演歌以外にも道の駅日光での新しい発見は沢山あるので、今後またお話ししたいと思います。

本日も道の駅日光日光街道ニコニコ本陣をお楽しみください!