Tag Archives: 音響

【スタッフブログ】vol.45「音の遅さの話」(堀田くん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.45

皆さんこんにちは、道の駅日光、ホール担当の堀田です。

今回は音の遅さの話です。

まず音速はざっくり秒速340メートルです
340m進むのに1秒かかり、170m進むのに0.5秒かかり、34m進むのに0.1mかかります
逆に1m進むのにだいたい0.003秒かかり、10m進むのに0.03秒かかります
(実際には条件や環境によって変わるので今回はとりあえず1m=0.003秒で考えます)

ニコニコホール的に考えると

ステージ間口が12mなので立ち位置で端の人から指揮者まで約5mありだいたい0.015秒かかり
端の人から反対側の端の人まで約10mで0.03mもかかります
またステージセンターから客席C列(通常時の最前列)は約6mでだいたい0.018秒かかり
ステージセンターから客席最後列は約20mでだいたい0.06秒もかかります

数字だけ見るとすごく早く感じるかもしれませんし、実際に客席で聞いたら違和感はないと思います
でもこの遅さ舞台を作るうえでかなり厄介になります

実際の厄介さ

たとえばコンサートなどで音に合わせて明りを変える照明さんが客席後ろで生音だけ聞いていると確実に遅れます、なのでステージに立てたマイクの音を聞きながら操作をします。
そのマイクの音も各楽器それぞれの音だけ拾えれば問題ありませんが、例えばピアノの音を録るマイクにコーラスの音が少し遅れて入り、コーラスのマイクにピアノの音が少し遅れて入るとそれぞれ少しずつずれた音が入ってしまいコムフィルタ(詳しくはググってください)となり音が干渉し歪んでしまいます。
出力のスピーカーも同じで、人間は同じ音なら早く聞こえる場所から音が鳴っていると感じます。生演奏だけだと音量が足りないから少しだけスピーカーから音を出すような場面でスピーカーより後ろに出演者がいる場合には、スピーカーの音量を下げるのも行いますが数メートル分音を遅らせて違和感を減らす方法も良くやります。また、会場の響きが足りない時に壁面や天井のスピーカーから音を出して疑似的に残響を作ることもありますが、この時もステージからの距離分遅らせます。

映像が加わるとさらに厄介に

最近はさらに複数のカメラで録画をしそれを編集もします、プロ用の高級なシステムを使えばタイムコードで管理しつつ同時に録画開始出来たりすべてのカメラに直接マイクの音を入れられたりしますがニコニコホールではそんな高級品使えませんし一人でそこまで準備も出来ません。
なので録画の場合はすべてのカメラのマイクを生かして音と映像を同時に録り、音の波形を合わせて映像を同期させるという昔ながらの方法をとっています。(良くあるカチンコでやるやつ)
30fpsで記録した場合ステージ立てたカメラと客席後方から全体を取ったカメラだとこのカチンコの音が2~3フレーム分ずれることがあります。

生配信では逆に映像はすべて同期しているので良いのですが、その分PCが映像処理を行う時間(2~3フレーム分)だけ音を遅らせて配信に載せてあげる必要が出てきます。

映像をいじり始める前はそいう言うものとして気になりませんでしたが、最近栃木県総合文化センター大ホールでオーケストラのコンサートを2階席(音源から40mくらい?)で聴いたときに演奏者と音のずれが気になって気になって仕方ありませんでした。やっぱりコンサートは前の方で見た方が良いし、ニコニコホールなら一番後ろでも音の遅れはほとんど気にならなくてそういうところも含めてスタジオ向きなんだなと思いました。

 

【スタッフブログ】vol.40「マイクのお手入れ」(堀田くん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.40

皆さんこんにちは

道の駅日光の堀田です
今回は学校では教えてくれないマイクのお手入れのお話です。

自分も音響の専門学校へ通って八の字巻きは死ぬほど練習しましたがマイクの掃除は現場に出てから初めてしりました。

マイク(特にダイナミックマイク)は基本的に口元に近づけて使います、ですので当然唾が飛びます。ロックなんかだと唇にガッツリつけて唾液を練り込みます。
なので使用後はグリルボール(先端の金属部分)の洗浄と本体の乾燥が必須です。

今回はこの子達で説明

使い終わったマイクたちのグリルボールを外し、本体は保管庫へしまいます

本体の先端がマイクのダイヤフラム部、絶対に触っちゃいけない場所です!!

コロコロ防止のためのゴムを外し、グリルボールの中からスポンジを取り出します(これが超臭い)

スポンジ取り出すときに中の金網の端でケガしないように

分解した先端部をまとめてぬるま湯に溶いた中性洗剤に漬けます(今回は中性洗剤が無かったので弱アルカリ性のジョイ君にお願いしました)

スポンジは千切れないように優しくもみ洗いをし絞ります

グリルボール部はやわらかいたわしや歯ブラシで優しく洗います(やりすぎると表面のメッキが剥げて錆びます)

すべて洗ったら流水でよく濯ぎます

最後に水が切れるようにザル等に並べスポンジは形を整え、風通しの良い日陰で乾燥させます
※今の時期は比較的暖かい場所で保管しないとスポンジが凍り変形したり破れます。(ただいまのホールの室温は3度…)

乾燥した後はしっかりスポンジを付け直してください、付け方が中途半端だとノイズの原因になったり最悪破損します。

以上

【スタッフブログ】vol.11「ホールの技術担当の堀田くんのこと」(なおさん)

「ニコニコ本陣スタッフ通信」vol.11

ホールの技術担当の堀田くんのこと、

こんにちは、道の駅日光、ニコニコ本陣の直林です。
僕たちが運営管理する施設のひとつに「ニコニコホール」(多目的ホール)がある。
通常、ホールには音響、照明を担当する技術者がいて、ホールで事業を行う上でとても重要な役割を担い、その技量によってクオリティーにも大きくかかわってくる。

ニコニコホールには開業から在籍する技術担当者の堀田くんがいる。
僕が着任した5年前、初めて会った時の彼の第一印象は、物静かな真面目な青年というイメージだった。

堀田くんと一緒に仕事をする中で、彼のチャーミングな一面が見えてきた。
実は、お茶目が大好き!(笑)

ホール見学の企画を立てたとき、キャットウォークからみんなで紙飛行機を飛ばしましょう企画や、ホール見学にきた学生たちとの記念撮影では、一番ハッチャけたポーズを取る堀田くんを見て、当初のイメージとのギャップに驚いた。

一方、技術担当者としての堀田くんは、かなりストイックだった。技術のスキルアップや、新しいことへの挑戦、その取り組みには目を見張るものがあった。コロナ禍でスタートしたYouTubeチャンネルでは、自ら収録編集した動画をアップし、ライブ配信では新たな機材とソフトを研究し、常にこだわりを持ってチャレンジしている。そして、出演者が少しでも演奏しやすくなるようなキメ細かい対応に、終了後に必ずと言っていいほど、出演者から「音響担当の彼にお礼を伝えてください」とメッセージをいただくことが多い。

ニコニコホールは、ただの箱モノではなく、技術担当の堀田くんはじめ施設のスタッフが関わることで、その個性が生まれてくる生モノなのです。ニコニコホールをご利用の際は、気軽にスタッフに声をおかけください。ホールは人が関わることで育つのです。これからもニコニコホールをよろしくお願いします。

今日もニコニコ本陣にお越しいただきありがとうございます。
チャーミングな人って一緒にいると楽しくなります。